ロータリー

PDF

PDF

PDF

PDF

28712872 2873PDF

285286jpg1 286jpg2PDF

ロータリーとは

ロータリーとは人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業人及び専門職業人が世界的に結び合った団体です。

ロータリークラブとは「Ideal of Service(奉仕の精神)」を各人の個人生活、職業生活、更には社会生活においても、その基盤とすることを目指している実業人や専門職業人及び社会奉仕活動に従事する者によって構成されたクラブです。また人種、性別、文化、信条の別なく全ての人々に開かれ、政治的、宗教的色彩のない組織です。

クラブは個々の会員(ロータリアン)が構成員であり、各ロータリークラブはまた国際ロータリー(RI)を構成しています。

ロータリーは世界最初の奉仕団体と言われます。本当でもあり、また少し違うところもあります。創設期のロータリーの目的は親睦と相互扶助であり、始めか ら奉仕を目指したものではありませんでした。ロータリーの成功によって次第にロータリアンが増え、また時代の変化により活動に様々な意見が出されました。 そうした変遷の中で目的に「奉仕」が確立されました。

ロータリーは奉仕を志す人々の集まりであり、クラブで行う奉仕活動はロータリアンに練習の機会を提供するものです。奉仕の体験によって「奉仕の精神」が 養われることを願ってのことです。本来ロータリーの奉仕はロータリアンの個人個人の行動にあります。それがロータリーを「奉仕団体」と言うには少し違う、 という所以です。それがロータリーをロータリーたらしめているところです。しかしロータリーにはロータリー財団という組織があり、団体として世界規模の大 きな奉仕活動を行っていることも事実です。

RI,地区、ロータリークラブ、ロータリアン等ロータリーに関わる全ての規定は手続要覧 http://www1.odn.ne.jp/~aau75840/tetsuzuki/に掲載されています。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、事業の基礎として奉仕の精神を奨励、育成することであり、ロータリーの綱領として示されています。

ロータリーの創設と発展の歴史

100余年前、商業道徳が退廃し人心の荒れすさんでいた米国社会、特にシカゴの状態を憂えた青年弁護士ポールP.ハリスは3人の仲間と共に「お互いに信 頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま友愛の気持ちにまで発展するような知り合いの輪をひろげたい」という趣旨でロータリーが誕生しまし た。時に1905年のことです。「ロータリー」とは会員が持ち回りで順番に各自の事務所で集会を開いたことに由来します。

ロータリーは創設10年の間に全米、カナダに拡がり更に6大陸にロータリークラブが結成され、1922年にはこの組織は「国際ロータリー」と名付けられました。

我が国では1920年に米山梅吉氏が初めて東京にロータリークラブを設立し、翌1921年に世界で855番目のクラブとして加盟承認されました。その後 日本のロータリーは第二次世界大戦の間、国際ロータリーを脱退しますが、1949に加盟復帰をして目覚ましい発展を遂げました。

現在全世界200ヶ国以上に33,200以上のロータリークラブがあり、1,230,000人余りのロータリアンが、日本では2,309のクラブに96,060人のロータリアンが活動しています。

ロータリーの活動

奉仕活動

ロータリーの奉仕活動は次の4つ(四大奉仕)に集約され、すべて「奉仕の精神」の理念に基づくものです。

  1. クラブ奉仕
    親睦と友愛を培い、自己研鑽を行い善意と奉仕の精神の高揚を計ります。このことはロータリー活動の出発点になるもので、以下3つの奉仕の基礎となります。またクラブ運営を円滑にさせ、奉仕の輪を拡げます。
  2. 職業奉仕
    ロータリーの本質でありロータリアンの基本的生活態度です。全てのロータリアンが各自の職業の実践において品位ある業務を成し、そのことこそが真の社会貢献であり、そこに職業に対するロータリアンとしての責任と誇りがあります。そのチェック・ポイントとして「4つのテスト」と「ロータリアンの職業宣言」が示されています。
    職業奉仕の考え方は、他には見られないロータリー独特のもので、以下に続く社会奉仕、国際奉仕への発展の基になる重要なものです。
  3. 社会奉仕
    奉仕の精神を広く社会生活に展開するものです。地域の中での日々の振る舞いにおいても、地域の求める種々のニーズに対しても、その根底に奉仕の精神を以て当たること、それこそが奉仕活動です。
  4. 国際奉仕
    世界に知り合いを広め、奉仕の精神を拡めること、それによって社会奉仕を世界に拡大するものです。それが世界平和と国際理解のために強力な力となります。世界各地の災害援助や世界での社会奉仕のプログラムを展開しています。

その他の活動

ロータリー財団

国際ロータリーにより設立された非営利的財団です。この財団は人道的、教育的、文化交流プログラムを通じて「世界理解と平和の達成」を目標としています。その運営は世界中のロータリアンからの寄付金で賄われます。

ロータリー米山記念奨学会

日本ロータリーの創始者・米山梅吉氏の偉業を記念して東京ロータリークラブのプロジェクトとして発足したものが、その後日本全国のロータリークラブの共 同事業として発展したものです。国際理解と親睦を目的として、日本の大学の私費留学生に奨学金を支給するものです。民間の国際奨学金団体として日本最大の もので、その「世話クラブ、カウンセラー制度」は単に金銭を支給するだけではない制度として、他の奨学金制度にはない特筆すべきものです。